2017年01月16日

「ALIFE~愛しき人~」


日本のドラマの感想なんて書いたことあったかしら、、
自分の部屋のカテゴリーさえ覚えていないほど久しぶりだ!(^^)!
で、まず、「日本のドラマ」のカテゴリーの存在に驚き
その記事で扱っているのがキムタクだった。

「ALIFE~愛しき人~」は、特に木村拓哉ファンではないけれどと言うよりは
逆にファンではないからこそ、ドラマの初回は観ようと思っていた。
誰が必死なのかは素人視聴者には理解できないが
余りの番宣の多さに、逆に「絶対に視聴しない」と思った人も多い気がする。
私はと言うと、前述したの木村拓哉ファンではないけれど
キムタクのドラマは結構好きでみているのも視聴した理由の1つだと思う。
特に「HERO」や「GOOD LUCK」はキムタクと彼流の正義が上手く重なり
彼の魅力も、同時にストーリーの魅力が倍増する相乗効果があったと思う。

さて、今回のドラマは良くも悪くも木村拓哉は木村拓哉だった。
それを非難する気は全く無い。
逆に、40過ぎても木村拓哉を維持する彼は立派だ。
本当に色々な意味で努力をしているのだと思う、、、
だから彼を、また彼の演技を非難する気はないのだが
「なんだったんだ、、このドラマ」の気分にさせられるのが非常に残念だ

うーーん 何なんだろうな
視聴し終わった後に気分が良くないというか( 一一)

まず、木村拓哉演じる沖田医師が「清く正しく美しく」に感じてしまう。
主役なのだから、それでいいのだけど、度が過ぎる。
世の中には批判されるような医師が確かにいたりするが
多くの医師は、患者さんの事を考え最善を尽くしていると思うのだ。
しかしながら、ドラマ内の壇上記念病院には医の倫理など存在しない。

初回だし、描き方の問題だけれど、医療ドラマは医師対医師或は
医師対患者の対立軸がありながらも、全ての医師は全力を尽くす方が
視聴者には分かり易い。

今回、前者の医師対医師に関して、清く正しく美しい沖田医師以外は
動かぬ医師なんだなぁ。(次回以降で動くのでしょうが)
特に父親である壇上記念病院院長が病に倒れた際の壇上 深冬。
この人も医師なわけで、、手術後、不測の事態で急変した院長。
皆が諦めている中で、1人、再手術で救う方法を模索する沖田医師。
そこで壇上 深冬がビックリするほど唐突に、この言葉と共に再手術を願いでる

「父はまだ生きている。死んだように扱われて腹が立った。
何よりも、そう思った自分に腹が立った」

医師とは言え、患者になる事も、患者さんのご家族になる事もある。
しかしだ、、、医師たる者の言葉とは、受け入れ難い。
そして、壇上記念病院の多くの医師が院長を死んだように扱う、、と言うか、、。
でも、現実の医療の現場で「最善を尽くしても」不可能な事が存在するのが現実で
確か、人工弁の機能不全で心肺停止になり低酸素脳症に陥った院長ーーを
救いたい気持ちはあっても手の施しようが無いのか、、本当に匙を投げたのかは
分からないが、、、
そう言うところを論点にとは言わないけれど、少しは丁寧にステップを踏まないと
独りよがりな医療ドラマになると思うのだ。
少なくとも、初回の医師らしき医師は沖田医師のみではつまらないのだ。

私自身、ドラマを視聴していて、ドラマの登場人物或は、その関係者が
事件や不幸に巻き込まれることがあるとドラマの終焉だと思っている。
日本のドラマで言えば続編を作ると、行き詰るのか、身内を不幸に巻き込む傾向が強い。
だから、院長が奇跡的に回復し、次は壇上 深冬さんがご病気ですかと
ビックリしたというか、「それは無くない」と思ってしまった。

次回は患者さんがきちんと出てくるようですが(笑)
病院内の医療関係者で医師と患者が初回は成り立ってしまい
患者側の叫びに共感できないんだな、、と正直思った。
父の急変を目の前に沖田医師に「大丈夫と言ったじゃない」と言う壇上 深冬。
父親が望むならとシアトルから沖田医師を呼び寄せて、
急変したから「大丈夫と言ったじゃない」って、違う気がする。

気になると、、止まらない(笑)
木村拓哉演じる沖田医師も「大丈夫」と何度かセリフとしてあったわけですが
その大丈夫ほど怖いものが無い気がしてならない。
今どきの医師は治療に関して何が起こるか分からないもの
「大丈夫」なんて言わない気がするけどーーー

やっぱり、木村拓哉ありきで作っているドラマなんだなと改めて感じた、、、
ドラマ中の「ここ盛り上がりますーー」的なBGMの使い方にウンザリ気味だし
GOOD LUCKのドラマ内のBGMとどこか重なる部分があって、
何度か「あれっ」て感じてしまった。
で、沖田医師と父親の姿がGOOD LUCKの親子関係と重なった。
(思わず、中尾君的な弟もいたりしてと探してしまった(笑))

こんな感想で申し訳ない
清く正しく美しい木村拓哉に医の倫理を説かれても眩し過ぎて
私は拒否反応を起こしてしまう。
この先の展開で大いに盛り上がる事を祈っていますが、、、
私は、「もう、、いいっかな」という感じです。






cookpine at 14:12|Permalink日本ドラマ 

2016年03月16日

「ピノキオ」

韓流ドラマ一気視聴週間ーーーー!(^^)!
今回は「ピノキオ」
これだけ一気視聴しても怒らない我が夫
「有難う」と叫んでおこうーーー

あらすじも書かなければ、自分の感じたままの感想しか書かない、、、
それも私の韓流ドラマのツボは主人曰く
「私独特の、普通多くとは違ったもの」らしいので
こういう感じ方もあるのねーーー程度の受け止めて頂ければ幸いです。

さて「ピノキオ」ですが、私的には「君の声が聞こえる」以来のイ・ジョンソクくん。
そして視聴し終わって「君の声が聞こえる」のスタッフ制作と聞き
納得であります。
私の中では「君の声が聞こえる」よりも「ピノキオ」の方が遥かに面白かった。
両作品とも「人の声と心が聞こえる人物」「嘘を付けない人物」と
特殊能力も真っ青の飛び道具のような人間が登場するのだが
評価が変わった大きな点は扱ったテーマだと思っている。

私自身が被害を被った事は無く、、、、ただ、日常の溢れる報道から感じていた事が
描かれていたのよね「ピノキオ」は。
「多くの人の声」と言いながら加熱する報道がいつの間にか刀を持った「正義」に
変わってく、、、そんな姿を感じる度に報道の在り方に疑問を持っていた。
そういう視点から感じる「ピノキオ」はあっという間にドラマに引き込まれた気がする。

報道の「言葉」によって人の運命すら変えてしまう、、、
ここで終わることなく、自覚のない報道の言葉の暴力ではなく
報道が誘導されていたら、、、という展開にまで持っていたのは非常に興味深いし
良く出来たシナリオだと心から感心する。

また、随分前に福山さんと松嶋菜々子さんの「美女と野獣」というドラマで
松嶋菜々子が父親の関わる事件を自ら告発、報道する場面があった、、、
登場人物の立場が違うだけに比べようが無いが、自分の親の罪を世の中に
浮かび上がらせる行為もそれに伴う親の行動と心も「ピノキオ」の方が秀逸だった。

ラブラインも、、、私は「ピノキオ」くらいで十分な糖分補給になる、、、、
抱きしめることすらしない「ベバ」で日々生きている私としては
「キスシーン いっぱいあったーーー☆」と思う(笑)












cookpine at 10:26|Permalink韓流ドラマ 

2016年03月15日

「大丈夫、愛だ」

極上の愛と優しさに包まれるヒーリングラブコメディ
、、、これが「大丈夫、愛だ」

「大人はみんな傷だらけ」とも公式で言っていますが
傷だらけを通り越して、登場人物がみな病んでるのよーーー。
そこに引き込まれるのが嫌な感じがして「このドラマだめかも」と思いつつ
でも最終的には一気視聴したし、ラスト2話は真剣に観てしまいました。
幸い映像が綺麗で、光や風を感じさせる映像が多く、
確かに「で、どうなるの」と引き込まれたのは確か、、
このテーマを日本がドラマ化すると重く暗いドラマになりそうなところを
上手い構成で走り切った16話だと感じる。

韓国の視聴率の割に日本での視聴感想はとてもいい感じに
書かれている方が多いですが、私はこのドラマに関しては
「そっかーーーー」と言う感じで特に感想が出てこない('_')
それに、このドラマをもう1回視聴しようとは思わない気が、、、、

基本、ドラマで感動して涙を流すことがない人間ですし
ドラマから自分の生きる教訓を得ようと思わない人間ですので
こういったドラマにもドライな反応しか出来ないのかもしれません。



cookpine at 00:58|Permalink韓流ドラマ 

「星から来たあなた」

いやいや、、、、面白かった☆
その一言で十分なドラマです

宇宙人とトップスターの恋愛を描いたこのドラマ
 チョン・ソンイ役のチョン·ジヒョンさんが素敵すぎる☆
日本にこういう女優さんいないわね、、、と思わせるほど演技が上手い。
一瞬、鈴木京香に見えたかと思うと、藤原紀香のような時も有り(笑)
宇宙人よりも個性的でぶっ飛んだ人間でした、、、(#^.^#)

宇宙人が生きてきた地球上での400年と言う間に起きた人間界での輪廻
それに関わる過去からのストーリーがちょこちょこと、、、
そのストーリーも飽きること無く楽しめたし、よく考えられた構成だと感じた。

あり得ない、、、宇宙人がと言うよりも、全てが規格外なのだけど
でもリアル感も十分感じさせてくれる、、、。
例えば2人の住むマンションが凄いーーーー
特に宇宙人のお宅の隠れ部屋でもある書斎がほとんどハリーポッターに
出てくるような世界観でーーー
登場してくる人物も、韓流でこれだけ極悪非道な御曹司(常務だったかしら)も
珍しくないですか?という方もいましたしね。

いやーーー気楽に面白かったです!
感想としては淡泊でしょうか、、、、、、
面白すぎて、逆にベバに引き戻される変な感覚に襲われていまして(笑)
宇宙人が人間との愛の為に、、、ネタバレになりますが戻って来るんですよ。
そのラストも滞在期間がある点もリアルで面白い~
そうそう、、、ですからね、、、宇宙人がリアルに愛を叫ぶのに
何故にマエストロ・カンよ、、、愛を叫ぶことをしなかった?
そして、行き着くところは「今は、まだ」と1人旅立ったマエストロに
溜息をつく自分が居る、、、






cookpine at 00:35|Permalink韓流ドラマ 

「ジキルとハイドに恋する私」

このドラマ冷たい性格の主人格ク・ソジンと明るく優しく、人を助けるロビン
この二重人格をヒョンビンが演じるドラマなわけで、、、、
ドラマ感想のサイト様では「主役が一体誰なのか」という意見が目立っている。
その気持ち、、、分からない訳ではない。
でも、私的には「主役はヒョンビン☆でいいじゃない」と思わせるほど
ヒョンビンが上手いし、精悍で格好よかった、、、、(#^.^#)

まっ、、、私、ドラマを見ていると韓国の俳優さんが何故か日本の俳優や
タレントに見えて来て「誰に似てない?」と家族に問いかけること度々、、、、
キムサムスンの時のヒョンビンは私的には織田裕二に見えていたし(笑)
で、今回はと言えばソジンは本木雅弘さんで、ロビンは雨上がりの宮迫さん
うーーーん、しゃべり方や雰囲気まで、、、、申し訳ない。
そして、最後ロビンが消えてからの少し変わったソジンは、やっぱり織田裕二だった。

ストーリーはと言えば、過去の誘拐事件に絡むストーリーは私的には面白く感じましたね。
ラブラインが少ないとの感想も読んだりもしたが、ベバでラブラインの不足には慣れている身
私の中では十分すぎるほどのラブラインでした( ^^) _U~~

ロビンが消滅していき、ソジンが本来の主人格に戻る辺りの2人が重なり合雰囲気が絶妙で
これは演技であり、演出に支えられているのだと強く思った。
最終的にはソジンとハナが結ばれるのよね~うん、それでいいのと思う気持ちと
ロビンが好きなハナなのにソジンと結ばれちゃう?と思う鬼のような自分もいるのよね(笑)
でも、非常におさまりのいい結末であったと、、、ドラマを視聴し終わって妙に納得である。


cookpine at 00:06|Permalink韓流ドラマ