2014年05月02日

逃げない姿勢



「改過遷善」制作発表会が本日行われる。
それに対する気持ちはJewelにて述べたが
MBCさんの本気度が伺えるドラマである。


今回の水木MBCドラマ「改過遷善」の同時間帯SBSがまた凄い。
イ・スンギくんとトッコジン、、違った(笑)チャ・スンウォン「君たちは包囲された」
「それはね、、私でさえイ・スンギくんとチャ・スンウォン、、マジ?」と思いましたから。
遡ればMMヱンタの理事さんの事が起こる前の事情説明的な
「視聴率は低くなる可能性があります」の投稿文もありましたね・・


俳優キム・ミョンミンの誰よりも高い志は
ファンとしての王道を離れ、こんな宇宙の片隅的な部屋で呟く私でさえ、忘れる事は無い、、、。
だから、いいのだ。
まっ、私の場合は多くの方の「好き」と違ったり
その表現方法に自由の道を選んだ違いがあるだけと思って欲しい。


高い志が揺れるような俳優で無い事は知っている。
でも、TVという媒体である以上「視聴率」は無視できない事実がある。
SBSよりも一週早く始まる「改過遷善」だからこそ
今週放送の第1回、第2回は大切なのだ。


そして今の韓国の現状、、、に寄り添うドラマを急に作れるわけでもなく
「改過遷善」はヒューマン法廷ドラマを進んでいくわけで
予告編の中で「悪魔も弁護するのが私の仕事だ」と
ミョンミンさん演じるキム・ソクジュは言います、、
この言葉、かなり刺激的な言葉であります。


「悪魔も弁護するのが私の仕事だ」


許されない罪を犯した人間を弁護する、、、
この手の話は凶悪犯罪の裁判になると出てくる話題である。
しかし、キム・ソクジュの場合はビジネスとして無罪を勝ち取る
記憶喪失前の彼の弁護士像は、そんな感じではないだろうか。


今の韓国では、リンクするものが多く、またそれが重い。
故にMBCさん、、、「改過遷善」自体を中止するのではと思ったりもした。
でも、MBCさん逃げませんでしたね。
「悪魔も弁護するのが私の仕事だ」
センセーショナルなドラマの幕開けになるかもしれないけれど
MBC水木ドラマの目覚めを感じさせるドラマになりますように、、









2014年4月29日12:29 Jewel Time Gallery Lanai 更新記事転載













cookpine at 23:44│改過遷善