2014年07月11日

2つの人間像



今思えば、この予告編が懐かしい、、


bandicam 2014-04-12 15-03-09-530
bandicam 2014-04-12 15-03-11-034
bandicam 2014-04-12 15-03-13-030
bandicam 2014-04-12 15-03-14-025
bandicam 2014-04-12 15-03-16-025
bandicam 2014-04-12 15-03-17-034
bandicam 2014-04-12 15-03-18-030
bandicam 2014-04-12 15-03-20-033


私、実は「ドラマの帝王」は視聴していない、、、
何故?と問われても、答えに困る。
そして、今回の「改過遷善」は何故にリアル視聴したかと問われても、また困る。
でも、、、、この予告編に秘められた何かに誘われた気がする。










初めから動画にすればいいのに(笑)
フォトを掲載していたら、急にね、、、、やっぱり動画でしょうと。

「改過遷善」と言うドラマは、ドラマが直接何かを語ると言うよりは
ドラマが示唆する何かを考えるドラマのような気がする。
そう言う意味では、「ドラマ」と言うジャンルから逸脱した問題児に違いない。

予告編で対称に映るソクジュをどのように捉えるべきか視聴前は悩んだものだ。
勿論、感じ方は自由、、、だから、ドラマは面白いのだ。
善と悪、過去と現在、そんな捉え方も出来よう、、、。
でも、私の興味深いところは、2つのソクジュ像が交差しながら予告編は進む。
1つになったとも思えるし、、、でも離れて行った感じではない。
上手く言えないけれど、ドラマ視聴後に予告編を見ると納得できる自分が居る。

どんな形にせよ、、、一緒にならないバラバラのソクジュ像というのが
ドラマの中でありました。ご記憶にお有かと思いますが掲載しますね。


bandicam 2014-05-08 09-20-36-824
bandicam 2014-05-08 09-20-47-380
bandicam 2014-05-08 09-20-49-885


記憶喪失後、自分が何者なのかをパソコンで調べ
「お前は、、、一体、誰なんだ」と言わんばかりに、鏡の中の自分を見るソクジュ。
そして、もう1回がこちら


bandicam 2014-06-19 22-45-15-039
bandicam 2014-06-19 22-45-16-403
bandicam 2014-06-19 22-45-17-985


やられてみるとひどい気分でしょう、、あなたがしてきたことなのよ。
それでも良かったのは、正義感が燃える事。元気だして


今まで自分がしてきた事を今度は自分がされる身になった時、、、
された事よりも、自分がしてきたと事の重さに耐えるソクジュなんですね、、
そんな時の、これは正に過去の自分が映っていて、
消したくても消せない過去の自分、、、なのだと思う。

このドラマの伏線の張り巡らし方の面白さ、、、、
それは撮影のカメラワークでも、振り返ると偶然というよりは
良く考えて撮影をしていた事がよく分かる、、、、
なのに、、、どうして計画的に撮影自体が出来ないーーーー
と、一応叫んでおこう!

更に、この2つの人間像はソクジュだけのものではなかった、、、、
この方も、、、、このシーンで映り込んだ姿を見た時は鳥肌が立った、、、
あーーージウォンは、超えてはいけない一線を越えちゃったんだーーーと。
でも、その大事な瞬間をキャプっていない私
えーーーーーーー


bandicam 2014-06-18 09-46-53-735


ここ、先輩判事に電話をするシーンです。
その結果、イ検事の令状が棄却されましたね、、、、
この電話をしているシーンでジウォンの姿がガラスに微かに映るのです。
ご興味のある方は、、、自力でお願いします(笑)

でも、こんな2つの人間像に拘るのは私だけではなくて、これは制作サイドの
意図したものだと確信させたのが、このフォト、、、


ggcs_photo140613105324imbcdrama0


ソクジュとは違った味わいを出すジウォン、、、
今、この瞬間に2つに細胞分裂したみたいな(笑)
ソクジュの予告編では2つのソクジュが交差して歩んでいきます。
でも、ジウォンの場合は、暫くは1つになる事はなく歩むのでしょう。
何しろ、この弁護士の仕事は、やる価値のあるものと思っていますから、、、、

ソクジュとジウォンのそれぞれの2つ人間像だけでも十分に楽しめる、、
そんなドラマであったと思う。







cookpine at 03:35│改過遷善