2014年08月01日

気楽さを選ぶなら


「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」視聴完了☆
ははは、、、何日か前の話なんですが、今頃で、、、
基本、一気に視聴する派の私。
それも見始めたら止まらないと自覚しているので、余り視聴しない事にしている。
16~18話くらいのシリーズだと2日あれば視聴しますから、、、
いや~それでも文句を言わない家族が凄い!
まっ、これも韓流ドラマを何気にすごーーーい量を視聴している夫あっての事。
おかげさまで、今は「紳士の品格」を勧められて視聴中☆

「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」を1話づつ感想を書こうかとも思ったのですが
このドラマを視聴してない方には全く「どういうこと」になりますので
思ったことを少し記しておこうと思います。

最後までキム・ソナのドラマだった、、、
でも、キム・サンスンよりもキム・ソナ演じるジアンの方が大人で刺々しくなくて好き。
ふとした瞬間にキム・サンスンの表情を感じることはあるが、キム・ソナ演じるジアンは全く別人。
体重もかなり違うでしょうと感じさせるスタイルの良さだった。
ジアンの職業が靴のデザイナーと言うこともあり、すべてがカッコいい女なんだな~
なのに部屋が散らかっていたり、冷蔵庫に何も入っていなったり、、、
でも、ジアンは38歳で仕事で成功し、ある程度の地位も名誉も得た女性、、、
全てにパーフェクトなんてありえないと思う私は妙に親しみを感じた。

結局、仕事と予期せぬ妊娠との間で38歳の女性が揺れ動くドラマなのだけど
日本で、その年齢の女性のドラマを主役に作ると妙にシリアスになる気がして。
ラブ・コメの女王のエッセンスが入ると悲壮感なんて感じさせない、
だけど泣きと笑いのツボを押さえているから、キム・ソナの錆びない輝きに感服した。

以前に韓国旅行のガイドさんと話した際に、韓国は兵役があるので
ある一定の20代の役者さんが少なくなってしまう現実があり、キム・ソナのように
自分がドラマの流れを作れる女優さんには、年下の恋人的な設定で若い俳優さんが
相手役になるのだと聞いたことがある。
今回もまさにそのパターンで相手のテガンはドラマでは27歳と言っていた、、、
このテガン役の俳優さんが、「ますだおかだ」の岡田さんに重なったのは私くらいだろうか。
でも、このテガンが憎めなくて可愛いのだ。
一気に視聴させてくれた大きな要因の1つが彼であったことは否定できない、、。

全編を通して、ドラマの王道の展開であった、、、
これが「同じパターン」と感じるか、「これは有り」と感じるかは人それぞれで。
私の場合は、「改過遷善」のモヤモヤ感から突入していますから
王道ドラマの安心感が有り難いーーーー☆
かなり早い時点でジアンとテガン、、そこに関わる人間が登場する。
「改過遷善」のように恋人登場が7話なんて有りませんから(笑)
そして安心して視聴できるのは登場人物のキャラが明確で裏切らない、、、
ジアンとお見合いするお医者さまは「いい人だけど最終的には振られる」キャラを
見事に演じ、ジアンよりも若い留学帰りの副社長はヒール役を思った通りに演じる。
ドラマに必要なヒロインの女友達もいました、、いました。
ジェットコースターに乗ったような反転しながら進むドラマとは違う、
安心安全運転のドラマが「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」の気がする。

気楽に視聴するのがドラマでしょう~というドラマです☆










cookpine at 01:46│ I do I do