2014年08月06日

「紳士の品格」に好きな俳優を重ねる


「紳士の品格」視聴完了☆
2話まで視聴し足踏みし、「もう少し」の思いで7話まで視聴して
やっとチャン・ドンゴン演じるキム・ドジンのキャラが可愛く思えるようになった、、、
まっ、そこからが得意の一気視聴で完走致しました。

先入観とは怖いもので、40代男性4人がメインのドラマって
下手すれば大昔の「男女7人夏物語」とか、、あんな感じ?と思ったが
このドラマを男性版「Sex and the City」と評する声もあるようですが
男性4人とも貧しさなんて感じさせない、、、、
そんなリアルから少し離れた、、でも、浮世離れした大金持ちを描くでもなく
程よく視聴する女性に夢を見させる設定でもあるような気がする。

さて、、信じられないかもしれませんが、チャン・ドンゴン演じるドラマ映画は
未視聴でして、、、初めて感じたチャン・ドンゴン。
私、ベバの世界を漂うことが常でして、マエストロ・カンの毒舌も可愛く感じる女。
ドラマ当初のチャン・ドンゴン演じるキム・ドジンの毒舌が私にとっては中途半端。
申し訳ないっ、、、
前半部分の少しの違和感から比べると、後半部分で人を思いやる事から
ソフトな印象に変わっていく、、、、
そして、ラストでは跪きプロポーズをする姿が整った顔のチャン・ドンゴンによく似合う。

当たり前のことだが、ドラマの設定は男性4人は41歳。
私よりも年下だ。
日本語で言えば「おじさん」の年齢、、、でも、この年齢の男性も当然ながら
悩み、苦しみ前に進んでいく姿に、随分前になるが20代の女性に
「おばさんという生き物は悩みがないのかと思った」と言われたことを思い出した。
年齢、性別、環境は違っても悩むんだなーーーと思ったりした(笑)

この「紳士の品格」のキャスト決定段階では、ミョンミンさんの名前も聞こえていましたね。
そんな名前が1人歩きするのは韓国ならではと思っていても、「紳士の品格」に
ミョンミンさんが出演していたらチャン・ドンゴン演じるキム・ドジンよね、、やっぱり。
少しハイソな男性4人組の本当に普通の生活のドラマなのよね、、、
いやーーーこんなドラマのミョンミンさんに出会ってみたいと思うが、想像できない。

ミョンミンさんの演技の素晴らしさは良く知っているつもりだ、、、
難しいシーンになればなる程に輝きを放つ俳優だ。
ただ、個人的には今までのドラマで、至って普通のシーン、例えば人を待つであったり
人に会いに行くシーンで自然と違う、キャラが際立ちすぎて普通とのギャップを
感じる時があった。
だから「紳士の品格」のミョンミンさんが想像できなのだ。

でも、、、このドラマのように最後の残ったのが全員の幸せだけなんて言う
気楽に視聴できるドラマでのミョンミンさんを見てみたい☆
じゃ、、、「不良家族」を視聴せよ、、の声が聞こえそうですが。
「紳士の品格」って、ドタバタ感もドロドロ感も無しで、そこがいいのだ。
大人の恋愛と言うには、、、少し違う、、、恋愛している人の年齢が大人なだけで
恋愛に年齢差はない。
だから、大人の視点で感じる恋愛ドラマが「紳士の品格」というところだろうか。













cookpine at 01:10│紳士の品格