2014年08月31日

13年後の今、そして13年先の未来


特にキムタクファンと言うわけではないが、
13年後のキムタクもカッコいいままでいて欲しい、、、、、
そう思わせてくれるのが「HERO」である。

日本の連続ドラマを視聴しているのは、いつからぶりだろうか。
確かに月曜夜9時を楽しみに、、、と言うのとは違うが
空いた時間に今回のHEROを視聴し、追いついた状態である。

キムタクの醸し出す雰囲気は、彼しか出せない。
本来の自分の姿を消し、役に徹するのも役者の姿。
だけど、キムタクは違う、、、、
彼は、どんなドラマでも「キムタク」であるのだ。
正直、「あれっ」と思う彼のドラマが今までなかったかと思えば嘘になるが
この「HERO」は、まさに「キムタク」とうまく重なり、魅力を発する作品である。

時間の経過と言うのは、正直だから、、、、
でも、13年後の今の久利生公平、いいよ、、とってもいい
普通、13年も経過すれば、ただのオジサンになっていても不思議はないが
見えないところでの彼の姿を維持する努力に頭が下がる。
これから、13年後、、、心配することなく、キムタクはキムタクでいると思う。
そんな13年後の「HERO」も密かに見てみたいと思ったりする。

ところで、キムタクは出来る、、、13年後も、、、
そして、個性的な脇を固める役者さんたちも大丈夫だろう、、

今回の「HERO」、このドラマ独特のテンポが私自身は好きだし
北川景子も想像以上によかったと思う。
松たか子演じる雨宮よりも、北川景子演じる麻木の方が
キムタクとのテンポがクリーンで好きだ。
でも、ストーリーとしてはどうだろうか。

13年前、2001年のHEROでは久利生公平の型破りな検事像が
まわりとの軋轢を生み、、それでも貫く久利生公平が居た様な気がする。
そんな、それでも「おでかけ」してしまう彼がよかった気がする。
それが13年後には、久利生公平のやり方は完全に受け入れられ
彼の検事像は個性としてまわりの検事たちにも認められている。
そうだよね、、、13年の時間をかけて「認められた」という事なのだ思うが、
久利生公平が良くも悪くも同僚検事に上手く融合してしまった今回のドラマ、
扱う事件と言っても底をついてくる、、、、。
そうすると、脇を固める個性的な登場人物にスポットを当てるのが王道。

ドラマの続編が作られても、元作を越えられないのは、そういう理由もあると思う。
HEROに限ったことではないが、登場人物のまわりにだけ事件や不幸なことが
起きるのは余りにも不自然、、、、それが上手くまとまってはいるけれど、
爆発するパワー不足の所以のような気がする。
それでも楽しく今回のHEROを視聴できるのは見事の一言。

13年の時間があれば、新たな展開を考えるには十分すぎる時間かと、、、
また会おう、、13年後の久利生公平☆
でも、その前に今の君を楽しませてもらおうと思う、、、









cookpine at 16:56│HERO