2015年08月05日

「清潭洞<チョンダムドン>アリス」


ストーリーは面白い!

公式より
お金で愛は買えないが、愛では飯は食えないもの。金か、愛か。多くのドラマで描かれてきた普遍のテーマを、一風変わった切り口で描き出した超新感覚ラブコメディ。主人公は、「愛は金に勝つ!」と信じてやまない“ピュアな御曹司”と、「愛で貧しさを乗り越える!」と踏ん張るも打ち破られる貧乏女子。ヒロインがある出来事を機に“玉の輿”を目指すことから始まる物語は、これまでの身分差ロマンスやシンデレラストーリーとは違った展開で、目からウロコの面白さだ。自分の住む世界とは異次元のセレブ世界=“清潭洞”に迷い込むヒロインが、「不思議の国のアリス」さながらに未知の価値観に触れ、愛を冒険していく点も斬新。何より、愛の幻想を打ち砕きながら、“本当の愛”に辿り着く展開にときめかされる。リアルなのにキュンとなり、笑えるのに切ない、新しいタイプのロマンスに見ているだけでHAPPYに!

でも、このドラマは私はダメだなぁーーーー
ハン・セギョン役のムン・グニョンちゃんが悪いわけではなく
ムン・グニョンちゃんがハン・セギョン役であったことが間違い☆
要するにミスキャストだと思うのだ、、、
多分、ドラマを視聴して、こんな感想を持ったのも初めてのような気がする。

「この2人に愛が生まれるの?」そんなカップルも、ドラマの終盤では
「運命だったのよーーー」と唸らせ、カップルの相性など考えさせることなど
普通のドラマはさせない。
でも、「清潭洞<チョンダムドン>アリス」に限っては、ムン・グニョン×パク・シフの
カップルに愛が生まれるとは信じられないのだ、、、。

ムン・グニョンちゃんが幼いというか、、純真を感じさせても女の香りは感じさせない。
うーーーん、それで清潭洞を目指さないでしょーーー☆
いや、目指さない人が目指す面白さも当然あるが、しかし、その場合は
女への変化を感じさせないと、、、、、

他のキャストが適役なだけに、最後まで違和感を感じるドラマだった(残念)






cookpine at 01:10│韓流ドラマ