韓流ドラマ

2014年07月27日

今は、気楽なドラマがいい

お久しぶりです☆
暑い毎日ですが、いかがお過ごしですか?
さて、、「改過遷善」を語るつもりはなく。
ただ、先日の韓国のセウォル号沈没事故で、同船運航会社の実質的オーナー、
兪炳彦(ユ・ビョンオン)容疑者の遺体が発見された、、そんなニュースを聞いても
にわかに信じがたいのは、、、「改過遷善」を視聴したからというのは酷だろうか。
デリケートな話題で深くは関わりたくないが、人間、1人が死んだのは事実だ。
私にとっては、それ以上でも、それ以下でもない。

さて、、、「改過遷善」リスタートをお待ちのお客様がいらしたら申し訳ありません。
今は、まだ視聴する気にならないというか、、、。
「改過遷善」はドラマ以上のリアルさを間接的に感じさせた、、、
ある意味、ドキメンタリーであったようにも思う。
ドラマとして視聴するには、重い。
面白い、色々な面で秀逸な作品でも重いんだなぁーーー。

と言うことで、変わり身の早い私
「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」を視聴し始めた。
あらすじを此処に記すつもりはなく、勿論、感想を書く途中でストーリーには触れると思うが
思ったまま、感じたままを記そうと思う。
とは言うものの、これぐらいは書いておこう

「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」
「私の名前はキム・サムスン」などで女性に大絶賛されたラブコメの女王キム・ソナ主演!
 仕事一筋なヒロインが、ちょっと頼りない年下男子と一夜の過ちをきっかけに恋に落ち・・ ・!?

ネットでは、こんな紹介をされていますね。
今は気楽に視聴するドラマがよかった、、、
頭を使いすぎたもの(笑)
キム・ソナを嫌いと仰る方もいらっしゃいますが、私は大丈夫。
「私の名前はキム・サムスン」のキム・サンスンよりも今回のキム・ソナ演じるジアンの方が
今のところは自然に入り込める。

まず1話の感想ーーーー☆
見事なまでのキム・ソナのドラマ
仕事に生きる女の格好よさと相反するものを感じさせる辺りはベタ展開かもしれないが
今のところはイケる。

1話、父親に激怒された夜、年下のテガンとお酒を飲む、、、、。
その中で、キム・ソナだーーーーと思わせたシーンがあった。
テガンに見捨てられ、雨の中、道端に座り込むジアン。
そこに見捨てたテガンが戻ってくる、、、そして、傘ではなくパラソルを差し出す。
普通は傘でしょ。
それが、どこかのカフェのガーデンテーブルのパラソルを抜いてきたとしか思えない
大きなパラソルでジアンを雨から守るテガン。
そして、2人でパラソルさして消えていく、、、これが過ちでもあったが(笑)

もうね、、大きなパラソルとキム・ソナが似合う!
こんな感想でいいのだろうかーーーー
何も考えないで笑えたり、そして少しだけホロっとさせる。
これもドラマの醍醐味の1つだと改めて感じた。















cookpine at 00:55|Permalink

2014年08月01日

気楽さを選ぶなら


「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」視聴完了☆
ははは、、、何日か前の話なんですが、今頃で、、、
基本、一気に視聴する派の私。
それも見始めたら止まらないと自覚しているので、余り視聴しない事にしている。
16~18話くらいのシリーズだと2日あれば視聴しますから、、、
いや~それでも文句を言わない家族が凄い!
まっ、これも韓流ドラマを何気にすごーーーい量を視聴している夫あっての事。
おかげさまで、今は「紳士の品格」を勧められて視聴中☆

「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」を1話づつ感想を書こうかとも思ったのですが
このドラマを視聴してない方には全く「どういうこと」になりますので
思ったことを少し記しておこうと思います。

最後までキム・ソナのドラマだった、、、
でも、キム・サンスンよりもキム・ソナ演じるジアンの方が大人で刺々しくなくて好き。
ふとした瞬間にキム・サンスンの表情を感じることはあるが、キム・ソナ演じるジアンは全く別人。
体重もかなり違うでしょうと感じさせるスタイルの良さだった。
ジアンの職業が靴のデザイナーと言うこともあり、すべてがカッコいい女なんだな~
なのに部屋が散らかっていたり、冷蔵庫に何も入っていなったり、、、
でも、ジアンは38歳で仕事で成功し、ある程度の地位も名誉も得た女性、、、
全てにパーフェクトなんてありえないと思う私は妙に親しみを感じた。

結局、仕事と予期せぬ妊娠との間で38歳の女性が揺れ動くドラマなのだけど
日本で、その年齢の女性のドラマを主役に作ると妙にシリアスになる気がして。
ラブ・コメの女王のエッセンスが入ると悲壮感なんて感じさせない、
だけど泣きと笑いのツボを押さえているから、キム・ソナの錆びない輝きに感服した。

以前に韓国旅行のガイドさんと話した際に、韓国は兵役があるので
ある一定の20代の役者さんが少なくなってしまう現実があり、キム・ソナのように
自分がドラマの流れを作れる女優さんには、年下の恋人的な設定で若い俳優さんが
相手役になるのだと聞いたことがある。
今回もまさにそのパターンで相手のテガンはドラマでは27歳と言っていた、、、
このテガン役の俳優さんが、「ますだおかだ」の岡田さんに重なったのは私くらいだろうか。
でも、このテガンが憎めなくて可愛いのだ。
一気に視聴させてくれた大きな要因の1つが彼であったことは否定できない、、。

全編を通して、ドラマの王道の展開であった、、、
これが「同じパターン」と感じるか、「これは有り」と感じるかは人それぞれで。
私の場合は、「改過遷善」のモヤモヤ感から突入していますから
王道ドラマの安心感が有り難いーーーー☆
かなり早い時点でジアンとテガン、、そこに関わる人間が登場する。
「改過遷善」のように恋人登場が7話なんて有りませんから(笑)
そして安心して視聴できるのは登場人物のキャラが明確で裏切らない、、、
ジアンとお見合いするお医者さまは「いい人だけど最終的には振られる」キャラを
見事に演じ、ジアンよりも若い留学帰りの副社長はヒール役を思った通りに演じる。
ドラマに必要なヒロインの女友達もいました、、いました。
ジェットコースターに乗ったような反転しながら進むドラマとは違う、
安心安全運転のドラマが「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」の気がする。

気楽に視聴するのがドラマでしょう~というドラマです☆










cookpine at 01:46|Permalink

2014年08月06日

「紳士の品格」に好きな俳優を重ねる


「紳士の品格」視聴完了☆
2話まで視聴し足踏みし、「もう少し」の思いで7話まで視聴して
やっとチャン・ドンゴン演じるキム・ドジンのキャラが可愛く思えるようになった、、、
まっ、そこからが得意の一気視聴で完走致しました。

先入観とは怖いもので、40代男性4人がメインのドラマって
下手すれば大昔の「男女7人夏物語」とか、、あんな感じ?と思ったが
このドラマを男性版「Sex and the City」と評する声もあるようですが
男性4人とも貧しさなんて感じさせない、、、、
そんなリアルから少し離れた、、でも、浮世離れした大金持ちを描くでもなく
程よく視聴する女性に夢を見させる設定でもあるような気がする。

さて、、信じられないかもしれませんが、チャン・ドンゴン演じるドラマ映画は
未視聴でして、、、初めて感じたチャン・ドンゴン。
私、ベバの世界を漂うことが常でして、マエストロ・カンの毒舌も可愛く感じる女。
ドラマ当初のチャン・ドンゴン演じるキム・ドジンの毒舌が私にとっては中途半端。
申し訳ないっ、、、
前半部分の少しの違和感から比べると、後半部分で人を思いやる事から
ソフトな印象に変わっていく、、、、
そして、ラストでは跪きプロポーズをする姿が整った顔のチャン・ドンゴンによく似合う。

当たり前のことだが、ドラマの設定は男性4人は41歳。
私よりも年下だ。
日本語で言えば「おじさん」の年齢、、、でも、この年齢の男性も当然ながら
悩み、苦しみ前に進んでいく姿に、随分前になるが20代の女性に
「おばさんという生き物は悩みがないのかと思った」と言われたことを思い出した。
年齢、性別、環境は違っても悩むんだなーーーと思ったりした(笑)

この「紳士の品格」のキャスト決定段階では、ミョンミンさんの名前も聞こえていましたね。
そんな名前が1人歩きするのは韓国ならではと思っていても、「紳士の品格」に
ミョンミンさんが出演していたらチャン・ドンゴン演じるキム・ドジンよね、、やっぱり。
少しハイソな男性4人組の本当に普通の生活のドラマなのよね、、、
いやーーーこんなドラマのミョンミンさんに出会ってみたいと思うが、想像できない。

ミョンミンさんの演技の素晴らしさは良く知っているつもりだ、、、
難しいシーンになればなる程に輝きを放つ俳優だ。
ただ、個人的には今までのドラマで、至って普通のシーン、例えば人を待つであったり
人に会いに行くシーンで自然と違う、キャラが際立ちすぎて普通とのギャップを
感じる時があった。
だから「紳士の品格」のミョンミンさんが想像できなのだ。

でも、、、このドラマのように最後の残ったのが全員の幸せだけなんて言う
気楽に視聴できるドラマでのミョンミンさんを見てみたい☆
じゃ、、、「不良家族」を視聴せよ、、の声が聞こえそうですが。
「紳士の品格」って、ドタバタ感もドロドロ感も無しで、そこがいいのだ。
大人の恋愛と言うには、、、少し違う、、、恋愛している人の年齢が大人なだけで
恋愛に年齢差はない。
だから、大人の視点で感じる恋愛ドラマが「紳士の品格」というところだろうか。













cookpine at 01:10|Permalink

2014年08月07日

夢を現実に演じる俳優

私の韓流熱に火が付いた、、、と言うわけではないのだが
「私に嘘をついてみて」を視聴完了☆
本当は「最高の愛」を視聴したい気分だったーーーー
もう私の中でのキスシーンNo1はトッコ・ジンですから。
彼の手のポジション、顎のライン、、、いいんだ、これが~
で、仕事をしながらの音代わり、そこまでガッツリ視聴する時間がないので
「最高の愛」は不適と判断。
もうね、、「最高の愛」を視聴したら、観ちゃうもん、私。

ところが、「私に嘘をついてみて」をガッツリ視聴してしまった(笑)
お断りしておきますが、音代わりにしようとしたので初視聴ではありません。

このドラマ、、、感想を記すサイトさまでも意見を二分する作品。
私は、、日々、ストイックな「ベバ」の世界で生きているので
十分すぎるほどキュンキュンさせて頂きましたし、
世間での「ありきたり過ぎる」と評されるストーリーも、そう感じるほどの量の
韓流ドラマを視聴していないから感じない。

さて、、で、このドラマから何を考えたか
カン・ジファン演じるギジュンとユン・ウネちゃん演じるアジョンは最終的には
ハッピーエンドで終わるのですが、それまで公務員としての公平を守りながらも
潔い女であったアジョンが、色々なことを経てプロポーズされると
「大切な何かを失ってる、、、見つけるまでもう少し待ってて」と言うではないですかーーー
なんじゃ、それーーー(笑)
その中途半端な展開の最終回、必要だった?とは思ってしまう。
それでも、、他にもあるけれど、最後まで視聴し、こうやって再び視聴するのは
ユン・ウネちゃんの雰囲気が結構好きなのもある。
そして、カン・ジファンとの2人の雰囲気が私的には同じ色、同じ香りに感じられた、、
そんな理由があったからかもしれない。

カン・ジファン演じるギジュンが時々、オードリーの若林に見えるのは私だけかもしれないが
初めは独特な論理で、それならばマエストロ・カンの方がまだいいじゃないと思わせた。
、、元彼女を2度傷つけることは出来ないから(これは、すっぱり切るんだけど)、
今、好きな相手を傷つけるしかないのだ、、、って論理は、どうなんだろうと感じた。
男性は「思いやり」と自己満足に浸るが、女にとっては、その曖昧な態度こそが罪であるのだ。
そうやって考えると、「今はまだ」と自分の恋愛IQを知るが故に、恋愛を封印するような
マエストロ・カンの生き方の方が大人で潔い気がする。

とは言っても、カン・ジファン演じるギジュンとユン・ウネちゃん演じるアジョンには
キュンキュン、ドキドキさせてもらった。

こうやって「私に嘘をついてみて」のストーリーの詰めの甘さと言うか、雑さはあっても
ドラマにラブラインは必要☆LOVEは不可欠だとしみじみ思う。
「ベバ」で生きていて、こんな記事を書くのも変だが、私のすべての基準は「ベバ」。
でも、他のドラマも視聴する、、、「別腹だから」と理由をつけて(笑)

今回の「私に嘘をついてみて」を視聴して思ったのは、ドラマって夢の世界でいいんだと
しみじみ思った。有りえなえいシンデレラストーリーに現実逃避し、キュンやドキッで
楽しめたら、それで十分じゃないかと思う。
前回の記事で「紳士の品格」に出演していたミョンミンさんが想像できない的な記事を書いた。
今回の「私に嘘をついてみて」でも同様の事を思った。

俳優キム・ミョンミンの演じ方は、ドラマを夢の世界ではなく、現実の世界にしてしまう、、、
そんな俳優なのだと思う。
いいとか悪いとかではなく、彼にしか演じられない世界と言うのが存在するのだ。
だから、普通の「キュン」とか「ドキ」を望むのは違うのかもしれないと思ってきた。
、、、でも、観てみたいけれど、、、、それでも観てみたいと思うのは我儘すぎるだろうか。






cookpine at 17:46|Permalink

2014年08月26日

双璧な男たち


勢い余って「最高の愛」を視聴してしまったーーー。
「してしまった」とは、失礼な物言いかもしれない、、、
しかし、「最高の愛」を視聴すると常日頃がベバの世界の住人故に
愛の表現の違いにビュンビュン振り回されてしまって、参ってしまうのだ。

私の中では、マエストロ・カンとトッコ・ジンは双璧の男なのだ。
ただ、マエストロ・カンはリアルなんだなーーー
今でも同じ地球上の何処かで、同じ2014年8月を生きているとマジで思うのだ。
一方のトッコ・ジンは、ドラマの中、、、韓流ドラマの中の人なんだなーーー
だから許せる部分も多々あるのだが、、、

以前にJewelでも記したことがあるが、「最高の愛」ヒロイン ク・エジョン友人の
ジェニーがトッコ・ジンを
「トッコ・ジンって、やることが素敵」
と言うシーンがあるのだが、私も強く同感なのだ☆

トッコ・ジンって、これでもかと言うくらい行動的
強引なんだけれど、アホな可愛さで揺さぶってくる、、、、
何もしないマエストロとは、ある意味正反対な人間の気がするが
どちらも私にとっては、愛すべき男たちである。














cookpine at 00:23|Permalink